新着情報

子犬への給餌方法

子犬お迎えと準備

子犬の食事

子犬への一般的な給餌方法

sDSC_0004

生後90日位までは、お湯で20分程度ふやかして与えます。
ドッグフードの袋に記載された給餌量(1日分)を目安とします。

子犬によって適量は異なります。
食べ過ぎると便の状態ゆるくなります。

その場合は少し分量を減らして便の状態を確認しましょう。
フードの量は、成長に合わせて徐々に増やして行き、逆に水分は少しずつ減らしていきます。

そして生後90日位を目処に完全ドライにします。

1日に必要な分量を2~3回に分けて与えます。

ドッグフードに記載された給餌量(1日分)を2回~3回に分けて与えます。
一度に多くの量を食べられない幼少期は、可能であれば3回に分けるほうが無難です。

ドッグフードも腐ります。夏場は特に注意してください

食べ残したドッグフードは、いつまでも置いておかず。
早めに片付けて処分し、 次の給餌は、新しいドッグフードを与えるようにしてくだい。
遊び食いを防止するためにも、置き餌をせず、一定の時間で片付ける方が良いでしょう。

新鮮なお水がいつでも飲めるようにしましょう

食事と共に大切なのが給水です。新鮮なお水がいつでも飲めるようにします。
水道水がベストです。
ミネラルウォーターなどの硬水は、尿道結石の原因になりますの飲まさないようにしてください。
夏場は水道水も腐るので、こまめに入れ替えを!