新着情報

ウェストハイランドホワイトテリアの病気

ウェストハイランドホワイトテリア

ウェストハイランドホワイトテリアの起こりやすい病気

骨太で比較的丈夫なウェストハイランドホワイトテリアでも、病気になることもあります。
起こりやすいとされている病気は、

  • 結膜炎
  • 皮膚炎
  • 泌尿器の病気:異所性尿管
  • 骨・関節の病気:レッグペルテス

が挙げられます。

成長過程で病気やケガをしやすい子犬の頃はもちろんですが、体がしっかり出来上がる2歳までは、最低でもペット保険に加入することをおすすめします。

[スポンサー]
ペット保険・動物保険はアイペット

ウェスティーが健康に過ごすための秘訣

ウェストハイランドホワイトテリアの病気は先天性のものも見られますが、後天性のものとして生活スタイル・食生活から起こりうるものもあります。

適度な運動は健康を保つためだけでなく、ストレス発散で無駄吠え防止などメリットがいっぱいです。

食生活に関するドッグフードについては、あまりに安価なものはお勧めしません。
皮膚病や抜け毛が多くなるなどの原因にもなります。

治療費や入院費を考えると、毎日のしっかりとした健康管理も大切ですね。

これらのことは何よりも、ウェストハイランドホワイトテリアが心身ともに健康で過ごせるための最低条件です。